マンション管理会社 相模原

近年、マンションはほぼ管理委託により管理が行われており、家賃の管理だけでなく、補修や清掃、経費の管理等のすべての雑務を引き受けてくれる管理体制です。管理委託することにより、マンション経営者側は自主管理と比較して管理業務自体の負担を大幅に減らすことにつながります。マンション管理会社は知名度よりもサービスの質が重要になってきます。相模原市のマンションを探す際、物件の良し悪しは管理会社にありと言われるほどです。テレビCMなどでよく見る、知名度が高いというだけで好感を持ってしまうのは安易で失敗の元となり得ますので、管理会社の特徴を知ったり、契約内容を把握するのは、住民としてトラブルを避けるための必要な知識です。マンションを購入する際の営業スタッフの話と実際の管理委託契約の内容がリンクしていないこともあり得ます。

ディベロッパー系の管理会社か、独立系の管理会社か

実際のサービス品質は各マンション管理会社によって異なりますが、全般的な傾向としてのディベロッパー系と独立系に分類したマンション管理会社の違いをメリット・デメリットに整理してみましょう。ディベロッパー系に管理委託するメリットは、物件に関する情報を詳細に得やすいので、トラブル発生時の対処面で安心できることです。尚、大企業グループなので経営基盤が安定しています。デメリットとしては、新築段階から管理委託が決まっており、選択の余地はありません。ディベロッパーとの付き合い上、後に管理会社を変えづらいということがあります。そして、グループ会社の子会社という立場から、ディベロッパー側の立場に寄りがちなので、公平さに欠けます。相模原市の多くのマンションもディベロッパー系の管理会社が多いようです。独立系の管理会社のメリットは、管理委託費などのコスト面に割安感があることです。

公平な立場を取りやすい独立系の管理会社

企業としてのしがらみが少ない分、独立系の管理会社は公平な立場での対応が可能です。柔軟で丁寧な対応をしてくれる管理会社が多いです。デメリットとしては、物件の詳細情報を理解できないケースがあるようです。コストを優先しすぎると、サービス品質も不安になります。ディベロッパー系の管理会社は営業しなくとも管理業務を受託できる立場にあるため、企業努力という点において不満を感じる管理組合は少なくないようです。相模原市のマンション管理会社を選ぶ上で特に重視しなければならないのは、管理会社の知名度や企業規模だけでなく、実際の管理体制そのものを意識することです。どの会社を選ぶにもメリット・デメリットがありますので、委託契約内容を十分に把握した上で、管理組合で積極的に話し合うことが必要となりそうです。