ウェディングで欠かせないペーパーアイテムの招待状

結婚式は新郎新婦にとっては一生に一度の大切な日です。これまでお世話になった方はもちろん、ご親戚やご友人も含めて二人の門出を祝ってもらうため、これまでお世話になったお礼も含めてご招待するものです。ペーパーアイテムとして欠かせないものですが、結婚式場で注文することも、インターネットなどを通して注文をすることも、また自分で手作りをすることも出来ます。 自分で手作りをした方が温かみがあり気持ちがこもりやすいというメリットはありますが、結婚式は思いの外準備に時間がかかり、忙しくなるものです。作り始めたものの、招待客全員分まで手が回らないといった事態を避けるために、もし手作りをする場合は早め早めに作業を開始するようにしましょう。また、日に余裕を持って送付しなければ返信が間に合わないので気をつけましょう。

結婚式場のウェディングプランナーにも相談してみる

結婚式は誰もが初めてのことで戸惑うことが多いものです。いざ招待状を作ろうとしてもマナーが分かっていないと相手に失礼な文面になってしまうこともあります。特にご親戚や会社の上司の方などに送るご招待状は失礼があってはいけません。そこで、もし不明確な点があるのであれば結婚式場のウェディングプランナーの方に相談をしてみると良いでしょう。 結婚式のプロの方に相談をしながら作りますので、失敗をすることがありません。また、限られた時間の中で作成するペーパーアイテムですので、作り直すムダな費用や時間も削減することが出来ます。万が一ミスが見つかった場合、招待状は刷り直すのがマナーです。印刷をかける前には必ず何度も相手の名前、住所なども含めて間違いがないか確認をしましょう。

結婚式の招待状を送るにはマナーがある

特にウェディングのシーズンは結婚式が重なるものです。会社の上司の方など普段から多忙な方にご出席をいただきたい場合ば、招待状を送付する前にご都合をお伺いしておくようにしましょう。相手にとっても、せっかく招待をされたのにお断りをするのは気が引けるものです。相手の都合までを考えてご招待をするようにしましょう。また返信用の切手も柄がおめでたい柄を選ぶのがマナーです。郵便局で結婚式の返信用に使いたいと相談すれば適切な柄の切手を選んでくれます。 特に気をつけたいのは切手の料金不足です。相手に迷惑をかけてしまいますので、事前に切手の料金が十分かどうか確認をしておくようにしましょう。また、ポストの入れると角が折れてしまうこともありますので、出来るだけ郵便局へ持ち込むのがベターです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加